水掛け論を繰り返すメディア

  • 投稿日:
  • by

狩野英孝をめぐる2人の女の間に、また新たなゴングが鳴ったようです。

この話題が出始めた頃に、サクッとツイートしてから、ずっとコメントを控えていた川本真琴さんが、遂に沈黙を破りました。

彼女のツイートによると、加藤紗里は「自分には怖いバックが付いているから、自分と付き合ってる事にしろ」と脅していたとか。

もちろん、加藤さんは否定していますけどね。ただ、彼女の胡散臭さがあらゆる面から感じ取れるのは確か。

実際に雨上がり決死隊の宮迫さんが、ロンハーの加地プロデューサーから「狩野は楽屋でも何かに怯えてた」との証言を聞いていたようです。

事務所に所属してるとは言え、素人丸出しな発言を繰り返していますし、完全なる売名は間違いないのではないでしょうか?

マスコミが面白がって取り上げる姿勢が、良くないですよね。早く誰からも相手にされなくなりますように。